働いていない専業主婦でもお金を借りることはできる?

人付き合いの多い専業主婦は、冠婚葬祭などで何かと出費がかさんでしまいますよね。
そうなると、夫の収入だけではまかないきれなくなってしまうというときもあるでしょう。
そんなとき、ふと「お金を借りたいな・・・」と思いませんか?
しかし銀行や消費者金融で借りるには、「安定した収入」が必要だと言われています。
では、働いていない専業主婦はお金を借りられるのでしょうか?


専業主婦でもお金を借りることはできる

結論から言うと、銀行やレディースキャッシングを利用すればお金は借りられます。
確かに「安定した収入」は必要ですが、専業主婦の場合はちょっと特別で、夫の収入を元にしてキャッシングができるようになっているのです。
その証拠にレディースキャッシングは配偶者貸付という形で借りられ、夫の同意書や夫婦関係を証明する書類を持っていれば審査を受けることができます。
一方銀行の場合は本人名義でキャッシングができ、夫の同意がなくても借り入れを行うことができます。
しかし審査を受ける際は夫の年収や勤続状況で判断されるのでそこは安心してください。
夫にあまり知られたくないという人は、銀行で借り入れるといいかもしれませんね。


ただし、消費者金融でのキャッシングは難しい

しかし、2010年に改定された賃金業法により、専業主婦の方が消費者金融でお金を借りるのは難しくなってしまいました。
専業主婦は自身で収入を持っていないということでもともと消費者金融からの信用が低かったのですが、この件で一気にほぼ不可能になってしまったのです。
しかし、銀行とレディースキャッシングがありますので、専業主婦の方はその2つで借り入れを行えば大丈夫です。
ただし、いずれにしろ借り入れ限度金額は数十万円程度ですので、希望額を大きすぎないようにしましょう。


レディースキャッシングがある消費者金融

プロミスの申込方法と審査について・・・パートやアルバイトについている主婦の方であれば、プロミスのレディースキャッシングを利用することができます。

就活生にこそお金を借りてほしい?

毎年、大学4年生になると就活が始まり中には憂鬱に感じている方もいるのではないかと思います。
それに就活するには男女ともにスーツを着なければなりませんし、靴やバッグもちゃんとしたものをそろえなければなりませんから、色々お金がかかってしまい大変な時期ですよね。
貯金やアルバイトの給料などから上手にやりくりしたり、親から仕送りをもらって用意している方もいますが、困った時は金融機関から少しだけお金を借りることも考えてみませんか?


お金をちゃんと返済する

就活に必要なスーツ、靴、バッグ、男性ならネクタイやベルト、女性ならストッキングなど用意するものが多く大変です。
しかし、それらを準備するには大体5万円あれば足りるのではないかと思いますので、その金額を借りてみてはいかが。
少額のお金ですから、きっと返済も短期間で済ませられるはずですし負担もそんなにないと思います。
金融機関から借りるのは怖いかもしれませんが、もう昔の金融機関ではないので安心して借りることが可能となっています。


学生でも借りられるのが嬉しい

20歳以上でアルバイトをして収入を得ている方であれば、消費者金融に申し込みが出来ますから困った時には助かります。
学生だからと言って審査に落ちてしまったケースはありませんので、申し込んでみてはどうでしょうか?
お金に困ってしまい親などには頼りたくないと言う方も、内緒で利用が可能だから考えてみて下さいね。

友達の為にお金を借りてはいけない

一緒に学校へ通った友達、会社で知り合った友達など色々な場面で親しくなった友達がいますが、いつまでも大事にしたいですよね。
そんな友達があなたの元へお金を貸してほしいと言いに来たり、電話などで頼まれてしまった時にどう対処するのが良いのでしょう?
中には貸してあげると言う方もいるとは思いますが、友達の代わりに金融機関からお金を借りると言う事は決してしてはだめです。
利用目的が自由となっていても代わりに借りてしまったり、名義を貸すことも禁じられているため、断るようにしましょう。


家族であっても金融機関からお金を借りない

例えば、親や妹、子供が困っていて自分が代わりに借りてきてあげる、と言う事もしてはいけないことになっています。
また、自分のキャッシュカードを友達や家族へ貸してあげることもタブーとされており、発覚した際著しく信用に欠けると判断され金融機関へ申し込みをする際煙たがられてしまう可能性もある事を忘れずに。
お金を借りるというのはそれくらい大きくて重たいものですから、軽くとらえないようにしましょうね。


自分が貸す時は?

自分が貸す側になった時は、相手に必ず返済をしてもらえるように借用書を書いてもらってください。
お金を借りるだけ借りて返済してもらわないのは困ってしまいますので、借用書に氏名や住所、貸した日付や印鑑をしっかり貰いましょう。
これは家族間でも同じ事ですのでちゃんと書いてもらい、返済をしてもらうようにして下さい。
ちなみに、10年までしか効力がないためそれ以降に借用書を出して返済を求めても、返済してもらえないので気を付けて。

何のためにお金を借りる?

金融機関が便利になってきたことで多くの方からの人気を集めていますが、皆さんも利用しているのでしょうか?
利用目的は決められていませんが、皆さんはどんな目的でお金を借りているのでしょう。
以前までは生活費の足しにしていると答えた方が多かったのですが、最近では自分の趣味の為にお金を借りる方が増えているそうです。
生活費が安定してきているのか、それとも生活費よりも趣味を大事にしているのか、そこはよくわかっていません。


お金は人を変えてしまうと言うけれど?

テレビのドラマなどでも金銭的なことが絡むと人が変わると言われており、実際身をもってそう感じた方もいるかもしれません。
お金は不必要に多く持っていたり、逆にとても困っていて手にした瞬間性格などが変わる方もいるみたいですね。
だからこそ、必要な時だけお金を借りると言う事が大事になってくると思うのです。
やはり、頻繁に借りてしまってはそれが当たり前になってしまいますし、依存してしまう事に繋がってしまう為注意が必要です。


テレビの見過ぎ?

返済が遅れたら自宅や会社にまで取り立てに来るんでしょ?と思っている方・・・それはテレビの見過ぎです!
実際にお金を借りて返済に行き詰ってしまっても怖い人が取り立てに来ることはありませんし、それは法律で禁じられています。
闇金融でお金を借りるとそう言ったことも考えられますが、実際にそのようなことはないので安心して大丈夫ですよ。